中学生専門の学習塾 Next Stage(ネクストステージ)|山形市下条町

当塾の強みは「勉強の仕方」を教えることです。
その場の理解だけではなく論理的に考える力(現代人に最も必要不可欠である力)を一人ひとりに寄り添って教えます。

2021年7月の記事:ブログ

とある生徒の半年の結果

皆さんこんにちは!

学習塾Nextstageの遠藤です。

さて、前のブログで【勉強のやり方】についてお話しさせていただきました。











まだまだと思うかもしれませんが。









1年生より勉強が嫌いな生徒が一人入塾をしました。








本人は勉強が大嫌い。本人意思よりも保護者意志のほうが強かったのを覚えています。









嫌々ながら、週に2回通ってもらいました。








教科は数学と英語









集団授業に入れる得点ではなかったため、まずはマンツーマンの個別指導を行っていきました。








中々勉強嫌いはなおりません。






宿題もほとんどやらなかったんです。






授業は楽しいと言ってくれそれだけを楽しみに来ていました。







自分たちにとっても楽しい授業といってもらえるのは非常にうれしいことです。







ですが







現実は違います。







勉強を自分から行うようにする






これがミッションでした。






3か月の個別指導を終え、数学はある程度のレベルに到達したため、集団指導へと移動。








初回の授業はスピードが追い付かず、集団でもつきっきりの指導でした。






でも、個別指導の時から3か月常に言い続けてきたことは翌週の授業で行ってきました。







「先生、この問題だけわかんなかった。」






全然やらないところから少しずつやるに変わり、初めて宿題を自分から全部やってきたのです。






感動しました。しかも言ったとおりに、できるところはきちんと丸付けをし、直しまでやってくる完璧な形に。






それ以降数学に関しては宿題を忘れてきませんでした。






最初のテストでは答案用紙をみてもなかなか丸の数が少なかった。







時間はかかったけれど









今回1学期末テストにて、計算問題のすべてを当ててきました。







応用問題はまだまだですが、計算に関しては自信もって書いてくれてました。






学校の先生も目から鱗だったみたいで、【本当に頑張ったね】と言ってくれたみたいです。







生徒たちの得点UPや、勉強のやる気の向上は先生たちにとっては本当にうれしいことです。







勉強してもなかなか点数が上がらない。





自分はセンスがない。





頭いい子には勝てない。






いいわけです。







中学校までは正しい勉強のやり方で努力をすれば追いつくことが可能です。







自分はそう信じています。






これから夏期講習。






一人でも多くの3年生が受験生としての意識を持ち、






一人でも多くの中学1・2年生が、正しい勉強のやり方に気づくことが出来るのか。







この1か月も楽しみでしょうがない塾長でした。











 
2021年07月21日 21:26

夏期講習7/24まで募集中!(募集定員限りあり)

20210703185824_page-0001
20210703185824_page-0002
※チラシは下条校のものです。上山校とは日時等が異なります。

皆さんこんにちは。学習塾Next Stage 岩渕です。
 
先日上山南中と山辺中の二校に夏期講習のチラシを配りに行きました。
場所をお借りさせていただきありがとうございました。

久々に朝早く外に立ち通学路にいると、いかに最近暑くなってきたがわかりますね。
中学生のみなさん、暑い中登校ご苦労様です。

そんな中、見知らぬ人からチラシを受け取っていただいてありがとうございます!
こっちもなるべく不信感を与えないように、できる限りさわやかな感じで挨拶をするんですけど
変な人に思われていないか、不安です…笑
でもけっこうみなさん受け取ってくれてホントうれしかったです!

中にはわざわざ立ち止まり、手を足のわきにそろえて「おはようございます!」と歯切れよく挨拶を返してくれる子もいたので
思わず、「すごく礼儀正しい子だね、君!」って言ってしまいました…
戸惑わせてごめんね、少年!
こんなこと言っちゃう時点で変な人なのかなぁ…

そういえば通塾してる子もわざわざ自分のところに来てくれて、挨拶してくれましたね!
「先生、頑張ってください!」
中学生の素直な励ましがうれしいですね~
普段と違う様子が見れたのも新鮮でした。

ちなみにこういうのって事前に学校へ連絡を入れて、許可を念のため取るんですけど
どこも担当は教頭先生なんですよね~
教頭先生ってこういうところも業務の一つなんですね。



さて、夏期講習ですが、タイトルの通り、7/24(土)まで募集中です。
募集人数は以下の通りです。
【上山校】
1年生 → 4人
2年生 → 4人
3年生 → 6人
【下条校】
1年生 → 3人
2年生 → 1人
3年生 → 4人

さっそくチラシの反応もあり、うれしい限りです。
やる気ある中学生、お待ちしております!
誠心誠意指導してまいりますので、よろしくお願いいたします。

今回はここまで。ではまた。
 
2021年07月16日 19:00

新規開校からあっという間に・・・

皆さんこんにちは!



学習塾Nextstageの遠藤です。



昨年の3月21日(土)日に前社を辞め、5月5日までの有休消化でした。普通の会社では考えられないほど有休というものを使ってきませんでした。(使えませんでした。人足りなかったので)



新入社員の皆さん。本当に気を付けてくださいね。
当たり前と思っていることが実は当たり前ではないことがたくさんあります。
先輩や上司に相談?
いやいや、法律や違う企業の友達に相談したほうがよっぽど身のためになります。(笑)




自分の話は置いといて…。




皆さん。こんな小さな個人塾ですが、チラシや保護者の皆様からの紹介。友達からの紹介などたくさんの方々に支えられ、無事に2年目を迎えられております。
皆様本当にありがとうございます。



1年目の人数から今はなんと2倍になっております。
各学年の募集定員は絶対に揺るぎませんがw



さて、今回の結果に関してもキープの生徒もいましたが、基本的には皆さん頑張ってくれました!
本当によくやってくれました。



中学3年生に関しては評定が本当に大事ですのでぜひ一回一回のテストを最後の一回だと思って受けていってほしいと思います。

中学2年生は、1年生の内容に比べて圧倒的に難しくなります。それなのに、勉強時間が同じ?全然意味わかりません。成績が伸びていかない生徒に関してはこのことが理解できていません。学校活動が忙しくなる2年生だからこそ、一緒に勉強も正しいやり方で頑張ってほしいです。

中が鵜1年生は、今回初テストでしたね。取れた生徒もいれば取れない生徒もいます。まずは正しい勉強のやり方を定着させることが大事です。どの教科も基礎が詰まっているのが1年生です。頑張っていきましょう。




さて、今後ですが、動画での授業では授業受けてくれる生徒に申し訳ありませんので・・・。
筆談にて簡易授業を行っていこうと思います。

学校内容の進度に合わせていくつもりですのでぜひぜひご覧ください。
全員無料ですよ(笑)


おじさんなりにインスタ・ツイッター頑張ってみます。


応援よろしくお願いします。


ではでは、また今度ーーーー










 
2021年07月12日 22:49

「頭を使う」ということ

皆さんこんにちは。学習塾Next Stage 岩渕です。
 
さて、定期テストの結果がだいたいどこの中学校も出そろった頃でしょうか。
うちの塾に通う生徒は全員返ってきました。
「テストどうだった、○○?」
「前回より○○点上がりました!」
こんなやり取りばっかりだったらうれしいですが、現実はキビシー。
 
「前回より下がりました…」
「(;^ω^)」←そう言われたときの私の表情
 
まずは原因です。
遠藤も前回の記事で述べてましたけど、過程が大事。
なぜ下がったのか。そこを突き止めねば次も同じことを繰り返してしまう。
 
さながら科捜研の女よろしく原因究明に奔走します。
 
【生徒への事情聴取もとい取り調べ中】
一生懸命にやっているのに点数が上がらない…
ワークは何週もしているのに80点前後だった…
ふむ、回数はしっかりとこなせているようだが、いったい…
 
…もしかすると、あれか⁉
 
「○○に聞きたいんだけど、どんなふうに勉強したか、ノート見せてくれない?」
「いいですよ」
 
 
 
思った通り、作業感の強い「頭の使っていない」ノートになっていました。
 
勉強には2種類あります。
①英単語の書き取りや社会・理科の一問一答形式の演習。
②数学や国語のような論理的思考力を必要とする問題や記述問題。
 
①は単純な作業系ですが、②はじっくり考えないと解けない思考系です。
理科や社会で80点取るなら、作業系だけでもいけるでしょうが、
それ以上を取るなら、記述対策は必須ですね。
 
まして国語・数学・英語は思考系の問題が中心なので、問題を解いたときになぜそのような答えになるのか、考え理解し、再現できるか試さなければ定着したとはいえず、それをせずにそのままテストに臨めば点数が下がるのは分かりきった結果です。
 
考えるのってめんどくさいんですよ。だからこそ無意識なのか、楽なほうに逃げがち。
勉強する教科が得意なものに偏ってしまうこともよくあります。
苦手な教科はまして作業系に偏ってしまいがち。
 
いやいや何かしら解いているなら頭は使ってるよ、と思われる方もいるかと思います。
では何をもってして「頭を使う」ということなのかというと、結局その勉強を通して何を学んだのか説明できるのかどうかが、私の言う「頭を使う」ということですね。
 
作業系だろうが思考系だろうが、どの道その質問に答えられるのならいいのです。
でも、作業系は作業になりがちなので、その点をあまり意識しないで、ただこなすだけになることが多いのです。ホントに。
 
これを見ている方の中に「うちの子、やって満足になるのよね~」って思っている方がいれば、ノートを見ながら「この勉強を通して何を覚えたの」ということを聞いてみて、答えることができたなら「頭を使っていた」と分かりますよ。
ただし、あんまりしつこく聞いたり、上から目線な言い方だったりするとまともに答えてくれなくなるので注意です。笑
やんわりと「今日は何を覚えたの~?お母さんにもちょっと教えてみてよ。もしかしたらお母さんわかるかもしれない!」なんて言ってみた方がまだ答えてくれます。
自分は親に勉強した内容を得意げに教えて「あげる」のが好きでした。笑
 
 
 
今回はここまで。ではまた。
 
2021年07月09日 22:57

中学生 点数上げるために絶対必要なもの

皆さんこんにちは!
学習塾Nextstageの遠藤です。

1学期中間テストも終わり、結果に一喜一憂しているころだと思います。




【こんな得点伸びた!】という生徒もいたり、【中々点数伸びなかった】【点数下がった】という人もいると思います。




難しいのですが、勉強に関しては「努力した=得点になる」ではありません。




過程が大事なのです。




その過程で大事なのが、




①精神面というとわかりにくいでしょうか。簡単に言うと勉強する本人の【気持ち】です。




これに関しては、自分一人で出来ることもあります。特に成績が毎回TOP層にいる生徒に関してはこれが出来てると言えますね。




ですが、TOP層にいる生徒は学校の中で数えられる程度ですよね。




それ以外の生徒はどうやって頑張っていけばいいのでしょうか?




簡単です。いい友達【目標】を見つけてください。



目標を見つけたから点数が上がるものでもありません。



さっきからどっちなんだよと思っている人も多いと思いますが、もう少し我慢して読んでみてください。



【負けたくない」という気持ちで少しは点数が上がってくるでしょう。



ですが、その中に勉強の正しいやり方を入れることで格段に得点UPが見込めます。



【お前、〇〇さん、〇〇君、どうしたの?】




言われてみたくないですか?




先生はこれを誰かに言われたら指導してきてよかったと思います。




そのためにも、効率よく負けず嫌いになってほしい!




この教科だけではあいつには負けたくない。この教科は絶対90点以上取る。など小さい目標を持つことから始めてほしいです。




【先生ごめんなさい、目標点行かなかった】という生徒には

【何が今回頑張れて、どこを自分自身甘やかしたの?次はそこを改善しなきゃいけないね】と優しく厳しめに聞いてあげました。



【先生すごい点数あがった】という生徒には

【本当に頑張ったね。自分自身をもっと褒めてあげるように。次も自分に負けんなよ!】と優しく伝えました。




先生という職業は、生徒も十人十色なので、本当に楽しい。

生徒と共に、毎回一喜一憂しながら、成長を確認できる。


今日からも頑張ろう。




最後に数学の日頃の勉強の仕方に関して簡単に動画作ってみました。
少しホワイトバランスが崩れて、白っぽくなってしまうところがありますがご了承ください。


でわ、また次回!
 
2021年07月06日 00:00

成績を上げるには「量」それとも「質」?

皆さんこんにちは。学習塾Next Stage 岩渕です。



定期テストが終わりましたね~。中学生の皆さんお疲れ様でした。
 
今回は中総体が直前にあって、対策したくても時間がなかなかとれない、とか、疲れて勉強できない、とか
 
あったんじゃないですかね?
 
でもみんな条件は同じですから、先々見据えて、早めの準備をしたもん勝ちです!!!
 
多分、似たようなことを親御さんも仰ってたんじゃないでしょうかね。
 
(心当たりがあるという人も多いのでは?)
 
もちろんテスト対策には早さも重要ですが、勉強の仕方も重要ですね。
 
今日は勉強の仕方について、記事を書いてみたいと思います。
 
 
 
テスト3週間ぐらい前のことです。自習に来た生徒が社会の勉強をしていました。
 
どんな勉強をしているのかなぁと思って覗いてみると
 
学校のワークを開いて、テスト範囲のページを勉強しているようでした。
 
(よしよし、早めの対策を心がけており、えらいではないか!)
 
しばらくじっとその子の様子をうかがっていると、とある違和感を覚えました。
 
問題を解き、丸を付け、直しまではするのですが、それで終わりなのです。
 
答えを映して終わりなのです!
 
(えっ⁉ 教科書すら読まないの?)
 
そのまま平然とまた問題を解き始めるその子。
 
(分からないものに出会ったとき、覚えるためにどうすればいいのかわかっていない…)
 
「ちょっと待って、今この問題間違えたけどさ、正しい答え書いて終わったよね」
 
「はい」
 
「じゃあさ、それでまた同じ問題解けると思う?」
 
「いやぁ…」
 
「多分それじゃ厳しいよね」
 
「まず教科書出して、なんて説明されていたか確認してごらん」
 
「んでその説明をさ、ノートに書いてみよう」
 
 
 
案外、こういったことを何の疑問も抱かずに繰り返している子は多い。
 
それは当然である。何が正しいのか、何が効率的なのか教わっていないから。
 
もちろんそんなこと誰かに言われなくとも理解している子はいるが、それが分かっていれば、塾には来ない!
 
こういうときこそ我々の出番である!
 
 
 
「うぇ~、めんどくさい」
 
「そのめんどくさいことをするから覚えるの!先生も楽して覚える方法なんて知らないよ!笑」
 


今回は質について少し書いてみましたが、個人的には量ありきだとは思っています。特に理科社会は。
 
四の五の言わずにまずは繰り返し解く。できるまで解く。
 
社会や理科の暗記分野に関してはこれで何とかなります。70~80点だったらこれでいけます。
 
90点目指すのであれば、量+本気+質ですね。
 
 
 
今回はここまで。ではまた次回。
 
2021年07月02日 22:43

学習塾 Next Stage

  
【電話番号】 080-3305-5091
【住所】 山形市下条町2-1-15
丸喜マンション下条1 201号室
【受付時間】 (火曜~土曜)16:00〜21:30
【休校日】 日曜・月曜
【LINEアカウント】 友だち追加

ブログカテゴリ

モバイルサイト

学習塾 Next StageスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら